11
7
8
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

第6話 死霊とは

ちっちゃいさんは気合を入れたら
元の姿に戻るんだって!

つまり先週の千家は気合有の姿!

上司の無言の圧力により
同じく大きい等身で報告させられていた
部下が可哀想だけど千家本人は
それ聞いたところで「私は強制していない」
とか言うんでしょー!キャー!!



第6話「死霊とは」、
時雨、京一郎を取り逃がした館林隊が
さらに術者が存在するのではと
千家につっつかれる回でした。

今話は面白かったぞ…!(失礼)

京一郎視点のゲーム本編裏で
攻略対象が何をしていたかの
エピソードが面白いです。
こういうのもっとやってほしい。

それから、本編時の
実は滅茶苦茶よく喋る千家が垣間見れて
嬉しかったです。

あのダーッと一気に喋る感じ。
ドラマCDから声を低くゆっくり話す演技に
変わっていったのに対し、
本編の声音に戻してくれているんだろうな
という四谷サイダーさんの千家でした。

早口では決してないのに
テンション上がっている長広舌がすごい好きです。

京一郎を囲い込む準備も着々と進めているようで
元気でなによりです。

その千家に対して
「こうなってからの千家は早い」
と行動力を理解している館林も良いなーと思いました。

ライバルというわけでもないですけど
親友でもなく、でも独特の繋がりのある
2人ですよね。かつての友人というのでしょうか。



京一郎は軍人が野良の死霊を
死霊兵とする現場を目撃していました。

女の子の死霊だったのですが、
捕まる際の作画が異様によかったです。
もちろん相対比なんですけど
確実にメインキャラより綺麗に書かれてた。

女の子を成仏させるのが本筋かと思いました。
関連記事

ダンプリもっと歌おうぜー!

プリパラ32話すごい良かった!!
先週のを今みた!

女子プリとダンプリの合同ライブである
プリプリフェスティバル、司会を
普段から男装・女装のひびきとレオナが担当し
執事服のらぁら、メイド服のゆいが
ペアで歌い踊るってすごくないですか。

男の子の視線を気にして女の子らしく
大人しくする必要なんてない、
かっこいい服装をしていいし
もちろんドレスを着たっていい自由な精神…!


ダンプリの方も
ギャグで貶めずストレートに格好よくて
良いなーと思いました。

女児向けのこういう悪意のない世界観が好きです!

関連記事

トッティはいい子である7話

トド松報われてほしいなあ…!


長兄と末弟の合コン、精神にきました…!

トド松は表面上それなりに上手く
それっぽく振る舞えるけど
上っ面でしかないから相手の
奥まで入りこめなくて”何も無し男”なんだろうし、

おそ松はその場その場で
楽しく過ごすことはできても
最低は最低だし良くて友達の程度で
人として長く付き合いたくはないしで
2人とも外部の人間と繋がれないんだろうなあと。

しかも最後の再会後のやりとり!
「おそ松さん」として視聴者は
六つ子の話を見ていて、おそ松は
その中でも王様のポジションじゃないですか。

だけどあの女子らには
本人らの毎日があって、
自分を中心にした物語があるわけで。

六つ子でない人間には
おそ松は長男としての特異性が通用せず
日々の中で通りすがった変な奴程度の
認識でしかないってことでしょう。

ぶっちゃけあの子たち
おそ松もトド松も関係なく
顔が同じ兄弟としか見てないと思いますし。

長兄と末弟として
松野家内ではわかりやすい立ち位置を
確保している2人ですら
一歩外に出れば同じで、誰が誰でも変わらない。
誰の特別にもなれない。

キッツい。



それでもトド松は、
おそ松を咎めて、下げることで
女の子達への自分の印象を上げることは
できたと思うんですね。

それをせず、兄をフォローしようと
一生懸命だったトド松は良い子…!
トッティはトッティがだぃすきだょ・・・・!

そのへんの、なんだろう、
甘さ?がトド松の良い所だし、可愛いし、
末っ子たる所以なのかなあと思います。

なんだかんだでお兄ちゃんたちに
めちゃくちゃ甘やかされているじゃないですか。

冒頭の狂喜乱舞するおそ松も
合コンに行けること自体より
兄5人の中で弟に自分だけが選ばれた
ことが嬉しかったのではないかと。

そうやって可愛がられて
囲い込まれているぶん兄らを
見捨てきれないんだろうしトド松。

正直言うと、末弟は高望みさえしなければ
いくらでも彼女でもなんでも出来ると思います。
でも、ああいう合コンの場とか、
背伸びしたバイトでの出会いを求める限りは
無理なんでしょうね。

トド松のいい意味でも悪い意味でも
周りを見ているところとか、
それに伴う優しさとかをちゃんと見てくれる子は
絶対いるだろうに、そういう子はトド松が求める
ような場所には居ないんだよなあ。
頑張ってるんだから(※六つ子基準)
報われてほしいなあ。
つら。



なんかすごい語りましたが
兄弟が熱い握手を交わした下りは
普通にゲラゲラ笑いました。


入野さん喋り方そのものが面白いもん。

トッティは~の一連とか入野さんあってのネタでしょう。
賢者タイムのおそ松はかつてない
櫻井孝宏を発揮する爽やかボイスでしたが。

あと居酒屋の店員が
テンション高いタイプの福山潤でジワりました。


げんし松さんは
じょし松さんと融合するラストで面白かったですし、
三国志さんは純粋に可愛かったです。

朕、我、おで
の一人称が無性にツボ。

御意ー!御意御意ー!
関連記事

おむすび6話

松野一松ーー!


二期になってから
一松のニャニィニュニェニョンな部分が
押し出されていて、今後どんな
返しがくるのか恐ろしいです。

人間の友達とかできて
6つ子のコミュニティが崩れたらどうしよう。



友達がほしいと悩むハタ坊と

「てか友達ってどこにいんだ?
 難しいなあ、ハタ坊」

「難しいジョ~」

とこぼし合ったり
最初に友達について聞かれた時は
下向いちゃってるし!

”正体不明の寂しさ”
6つ子で一人だけ首傾げてないのって
その感覚を理解できるってことですよね。

大丈夫か一松。



イヤミはヒモの才能あるなって思いました。
次の瞬間最低でしたが。

そこでも猫ちゃんおにぎりを出すわ
なんやねん。

お腹減っている人間に
ひとまずおにぎり渡そうとなった時、
猫の形にしよ☆ とか発想出なくないです??

トト子ちゃんは「羨ましいなあ…」の一言といい
段々と人の心を持ち始めた感がしますし。

逆にノーハート末弟の
「あれでしょ?昔話かなんかでしょ」
の言い方がすごく好きでした。




そして突然襲撃され、どたまに穴をあけられても
友達だと思ってくれ、色々と手助けを
してくれるチビ太は聖人ですね。

ハタ坊が可愛いのを差し引いても
夜中に最後まで付き合ってくれるのすごかった。

あれか、惚れ薬回でよろしくやってたからか。






………………そういうこと???
関連記事

は?

昨日は結局
枢木スザク18年の人生を
悶々と考えていたら悲しくなってきて、
私自身の気持ちが落ち込んだ
ので寝ました!

10歳まで総理の息子として
友達もいない1人ぼっちのお山の大将で、
そこから7年弱は武器も持たせてもらえない
ような使い捨ての軍部隊に所属、
あとは本編の通り。

裏切りの騎士と呼ばれるほど
常に勝者側の陣営に付く男で
(というかスザクとランスロットが付けば勝つ恐怖)
周囲から見れば、全て思い通りになるような
身の振り方だったと思うんですけど、
実際のところは何ひとつ
自身の意図は関与していないんですよね。

状況に流された結果と言ってしまえば
それまででもありますが、しんどい18年だなあと。
そのあとはもっとひどいだろうしなああ。



そんなことを延々繰り返していました。
頭悪いのも何とかしたいんですが、

今晩は夕飯に鍋を満腹食べたら
お腹いっぱい心はハッピーなので
今日もとっとと寝ます!

関連記事

プロフィール

糠床

Author:糠床
 
妄想7:感想3の
妄想垂れ流しブログです

大正メビウスライン
ハトアリシリーズ
ラッキードッグが好きで
押しカプへの愛が
限外突破すると
たまに泣き濡れます。

拍手、コメント、リンク大歓迎です!

基本的に、
金・土・日曜日の
週末に更新しています。

(最近はめっきり思い立った瞬間更新です)
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR